鉢植えのお花、観葉、多肉の通販専門店「オーク・リーフ」です
ポインセチア

原産地と性質

ポインセチア「冬ハナビ」
◆オーク・リーフが作出した新品種「冬ハナビ」赤い絞り模様が特徴
学名:Euphorbia pulcherrima(トウダイグサ科) 中央アメリカ原産の低木。ポインセチアの名は、メキシコ駐在の米大使J.ポインセット氏が初めてアメリカに導入したことに由来します。短日植物で、北半球の中緯度地域では、クリスマスの頃苞葉と呼ばれる花びらのような葉が着色して鑑賞されることから、クリスマス用の鉢花として人気があります。ちなみに当農場の名は、アメリカのエッケ商会が1923年に最初に発表した「オーク・リーフ」と言う品種の名を頂きました。

鑑賞中の管理

ポインセチア・3色ミックス
◆3色ミックス
◆置き場 日中はなるべく窓越しの日光に当てるようにします。クリスマスの花ですが、寒さに弱いので最低気温5℃保つようにして下さい。
◆水やり 乾きやすくまた、外見では乾いていても分かりずらいので注意してください。特に日中暖かい場所また、夜間暖房の効いた部屋で管理する場合は毎日水やりして下さい。
◆肥料 出荷時に追肥してありますので、来年4月頃まで必要ありません。

花が終わった後の管理

イラスト・剪定
◆初夏のせん定作業
花の付いている枝の元から、1,2節残して切り落とします。葉が落ちていても葉の付いていた跡が確認できれば、1節と数えます。

 
 
イラスト・植替え
◆鉢替え作業
古い鉢を抜いて、外側の土を1,2センチ搔き取り、露出した根を切り落とします。ひと回り大きな鉢に、市販の培養土で植え替えます。
年が明ける頃には、枝の先端の花は落ちてしまいますが、赤い花びらのような苞葉と緑の葉はそのままの状態で、春まで鑑賞する事が出来ます。
◆せん定と植替え  ゴールデンウィークが終わる頃、図のように枝の元の1~2節を残し、思い切って切り戻します。このとき新しい用土で植替えます。夏の間は旺盛に成育しますので、水と肥料を切らさないようにします。次の項目にある「短日処理」を始める2週間くらい前に、伸びた枝をもう一度せん定しますが、この時短日処理に適した大きさにせん定することがポイントです。
◆花を咲かせるために  冒頭にあったようにポインセチアは短日植物なので、日が短くなる事によって花を咲かせる習性があります。ですが、ご家庭で花を咲かせるためには「短日処理」をしなければなりません。これについてはまたの機会に詳しくご説明いたします。
商品価格は送料込みで表示しております。
千葉県から発送いたしますが、遠隔地に付きましては下記の通り別途追加料金を申し受けます。
商品の性質上下記の地域へのお届けはご辞退させて頂きます。
寒冷地(北海道・北東北など)
気象状況によってはお届けできる場合もありますので、メール等でお問合せ下さい。
遠隔地(沖縄県・離島など)
メッセージカードを無料でお付けします。
カート内のメッセージ記入欄にお書きください。
品質保証をお付けします。
輸送中の破損はもとより、万一お気に召さない合や1週間以内の枯れ・傷みなどもはお申し出ください、新しいものと交換いたします。(商品到着後1週間以内に限ります)
お好みのお支払方法をお選び頂けます。
こちらをご覧ください→お支払方法
午後2時までのご注文で翌日お届けいたします。
お届け地域により翌々日となることがあります。詳しくは配送会社のホームページでご確認ください。
確認サイト (「発地」の郵便番号に「297-0226」を入れてご確認ください。)
この商品の栽培日記をメールにて配信いたします。
ご購入後の栽培管理にお役立てください。
お問合せはこちら